文京区起業セミナーに参加してみた。

会場に行ったらすごい人数でビックリ!30名定員のところ54人も集まったそうな。

全5回分の受講料7000円を支払う。

講師は40代の中小企業診断士だった。淡路町で日本酒バーを経営してるとのこと。興味深い。

先日行った副業セミナー同様、自分のことの棚卸的なことをして、前の席の人たちとグループになってワークをする。

海外旅行にたくさん行っていたり、すでにビジネスやっている人もいた。

みなさん一流大学を出て一流企業で働きとすごい経歴の持ち主で自分の中身を見せるのは恥ずかしかった。

あとどうしたって配偶者や子供の話も出てくるからそのへん辛いよね。

他の人はぜんぜん上からとかじゃなく普通なんだけど、自分の自己肯定感が低いからかついつい卑屈になっちゃうよ~

といいつつとても楽しかった。

 

北欧好きな人がいて北欧は一番近いヨーロッパで7~8時間で行けるからオーストラリアより近いと聞いて北欧がグッと身近になった!

あと茅ヶ崎方式英語っていうのをやっている人がいてかなりのスパルタみたいなんだけどこれ初めて知った。ググってみたらテキストも載ってて興味深い。

 

 

 

 

3/29(木)から3/31(土) 宮古島旅 

今回の旅の一番の目的は、以前バリ島旅行の際やったシュノーケリングが、怖くてボートか離れられず悔しかったのでちゃんと講習を受けることだった。

泊まったのがシギラリゾート内の一番リーズナブルなホテル、ウェルネスヴィラブリッサ。シギラリゾートはアクティビティ充実していて、その中の体験シュノーケリングを事前に申し込んで行った。妹と83歳やや脚が衰え始め杖をついている父と。

父はプールには週一位ずーっと通っているので泳ぎは得意。昔ダイビングの講習も受け、ライセンスを取る一歩手前までいったこともあるという。

私は多少は泳げるものの、足がつかないところは怖い。

当日早めに集合場所に行き、ウェットスーツを苦労して着て、その後インストラクターがすべての用具を丁寧に説明してくれた。参加者は全部で十名。私たち家族の他2家族。5歳くらいの小さな子や泳ぎが不得意というお父さんもいた。

15:30からのクラス、天気は良かったが、遠くの台風の影響で風が強く潮の流れもかなりあった。陸地を歩いてポイントに行きそこから海へ入る。立っているのも大変で、父はフィンが自力で着けられず浮いた状態で妹に着けてもらっていた。

遠浅だけど足が着かないところには行くわけで、私と父はたぶんちいさな子ども用であった浮く用具にふたりでつかまってインストラクターに引っ張ってもらい過ごした。

まな板の上の鯉状態でただただ身をまかせ進んでいく。

水の中をのぞくと小さな魚たちがサンゴ礁の周りに見える。

他の参加者は水中カメラで撮影したりしていた。

ビーチハウスの前のビーチに戻ったあたりで亀も見ることができた。始めは水面で呼吸をしている亀、その後は自分の下にいたのも。

うれしかったな~!

ライフジャケット、上がらないようにするためにはお腹のあたりは締めなきゃならなくて締めていて、あと二酸化炭素のせいか(なるべく深呼吸するようにはしていたんだけど)波の揺れのせいがいちばん大きな理由だとは思うんだけど酔ったのか気持ち悪くなってきた。もう上がる直前だったからなんとか大丈夫だったけど。一時間くらいは水の中にいたかな。台風の影響がなければ問題なかったと思う。ずっと同じ姿勢しかできずそれも疲れた。父は口の筋肉が弱っているせいか水を何度か飲んでしまったようだ。あと初めの頃はよく裏返ってしまっていて元に戻るのが大変そうだった。インストラクターがちゃんと指導してくれたけど。

フロートから手を放していろんな向きになって泳いだりしてみたかったな。

でも思えばバリの時はライフジャケットが浮いちゃってぜんぜんだったから、それの締め方わかったしシュノーケルの中に二酸化炭素たまりがちになるのでとって深呼吸が必要なことも知らなかったから勉強になった。

また近いうちにシュノーケリングやってシュノーケルの中に水いれてフッて水出すのとかも試してみたい。

 

ベトナム縦断旅行 二日目 2017.11.4

まずは朝食をとりに一階のレストランへ。こじんまりしている。皿を取ってバイキング形式の食べ物を取る。まあよくある内容の。

席でそれを食べていたらメニュー持ってウエイトレスの女性が来て何にするか聞いてきた。フォーやらオムレツや作ってくれるらしい。皿にたっぷりとってきてしまっていた私は「え~っ!今かよー!」と思ったけどまあ仕方ない。というかそのベトナム人ウエイトレスは英語もやっとって感じの一生懸命やってるけど仕事はそんなにできないかな~って感じの若い女性だったから・・

でオムレツ注文。これもごく普通。っていうかここの食べ物は本当に味が薄かった。これがベトナムのスタンダードかとその時点では思っていたけど、後々いろいろ食べていくうちにここのは薄かったなぁと思う。

でもまあ種類もそこそこあるしホテルの値段からしたら充分です。

始めは私一人だったけど後から一人来たかな。

 

で部屋戻ってガイドブックとかネットで調べたハノイの街の散歩することに。

ドンスアン市場からホアンキエム湖へ行く。本当はタクシーに乗るような距離だったんだけど歩いて行った。ホテルを出て少しの間右も左もわからなくてしばらくグーグルマップやらホテルでもらった地図やら見てホテルの側を10分くらいウロウロしていた。何となく方角とかわかってきて出発。今日は天気も良い。ハノイは暑くない。最高でも28℃くらい。

ものすごいバイクの量。小説で読んだりしていたものの、実際に体感するとすごい。排気ガスくさいし。ハノイの道は後のホーチミンに比べると細くて、まだどうにか渡れた。

例の傘を被って天秤棒で何かを運んでいるいかにもベトナムなおばさんやバイクが通りまくりの交通量の多い道傍そこここでプラスチックの椅子とテーブルで朝食を取っている人たちを見るとベトナムにいることを実感する。

初日なので特に買い物する気もなく写真数枚だけ撮って市場は通り抜ける。

その後ホアンキエム湖へ。上野の不忍の池に似てるかな・・

行ってみたらなんでここが人気なのかわかった。ほぼすべての道がバイクだらけで空気が悪い中、ここだけは歩行者しかいないからだ。ほっとする。逃げ場って感じ。

この旅のために買った自撮り棒で写真を撮ってみる。

と、女性が英語で話しかけてきた。私はとっさに物売りかなにかと思いわからないふりをして答えなかったんだけど、なんだか普通に観光に来ていた人みたいで私の態度に気分を害してしまったみたい。悪かったな~。まあ始めだからしょうがないか。。

ブライダル写真を撮っている人がいる。この旅でよく目にした。アオザイを着ている女性のグループも何かの写真をずっと撮っていた。土曜だからかいろんな年代の人がいる。歩行者天国的な感じで通行止めにしているところで子供たちがおもちゃの車に乗っているのを見てなんだか涙出そうになっちゃった。若い親子とか見て。とにかく日本みたいに老人ばかりじゃなくて、みんな若い。子どもみたいな若いお父さんが小さな子連れててヒョエーっと思ったよ。いいよね、安心して子供を産み育てられるって。それって自然のことで、日本だって少し前までは当たり前のことだったんじゃなかったっけ?

 

天気も良く暑かったからアイス食べたいと思っていたら、そこそこ賑わってるお店あってアイスを買ってみた。席が空いていたので座って食べてみてビックリ!!今まで食べた中で最高じゃないかと思わせるくらいおいしかった!!

 

そして来た時とは別の道を通って帰る。途中なんとか大聖堂で写真を撮る。中学生くらいの遠足の子たちが制服でワサワサいた。

 

ここまでくればあとはホテルまでまっすぐ行くだけ。

歩道には人がいたりバイクが止まっていたりもするし、車道は車とバイクが走ってて、まったく歩きにくいぜ。

 

一旦ホテルに戻って、遅いランチへ。ホテルの側に割と有名なブンチャーのお店があったので行ってみた。(ほぼ)地元の人で狭い店内はめっちゃ混んでいる。

3階に案内され注文したがなかなか出てこない。座った低いテーブルの対面は店員だった。お金のやり取りをする係りみたい。若い女性。

そうこうするうち白い米麺と野菜がたんまりのった皿とスープと肉がはこばれてきた。隣の人を横目で見つつ真似してたべる。野菜はミントとかパクチーとかバサバサしてて香りがある系。肉もスープもおいしかった。量が多すぎて全部は食べられなかったけど60,000ドン 約300円、安かったな。

食べ終わって部屋に戻って歯磨きしてまだ時間があるからSPAに行くことにした。

散歩の帰りにチラシをもらってきたところに行こうかと思っていたが、ホテルのフロントの人(男性)にホテルに置いてあったチラシのとこの方が安くていいと言われ、比べたら確かに安そうだったからそっちに行くことにした。予約の電話をいれてくれてすぐできるとのことで早速向かうことに。道を聞いたら女性従業員が「案内しようか?」と言ってくれたのでそうしてもらうことにした。実際はすごく近かったけど、この女性従業員感じ良かったな~。

この旅では一日置きにマッサージ受けてたけど、感想をメモったりしなかったから記憶がもうあいまいなんだけど、ここのは割とやさしめだった気がする。一時間くらいかな?90分だったかな?

580000ドン クレジットで払ったら、円では3000円引き落とされたから結構高かったよな。

その後ホテルの側の旅行代理やクリーニング受付ややってる店で両替。

 

あまりお腹すいていなかったけど暗くなってきたし夕飯食べようと店探し。

見た目素敵な一軒家レストラン発見。たしかその場で口コミも見て良かった。ベトナミーズフレンチ。

時間が早いからか空いている。入口近くの席に座りゆっくり選んで注文。量そんなに多くないとウエイターが言うのでコースとカクテル注文。

なんどもいうがお腹はあまり空いていない。

お酒はミルクベースのお腹にたまる系のやつだった。

 

距離は離れているが隣のテーブルには日本人サラリーマンが4人で来てしゃべってた。駐在のようだ。

他のテーブルも時間が経つにつれどんどん埋まる。

あまり一人をさみしいと思うことはないんだけど、この時はさすがに辛かった。

 

そのうち時間をかけて一品づつ出てくるのだがペース配分も間違えぜんぜん食べられなかった。申し訳ない~。終わりかと思えばまだまだ出てくるし。(泣)

たくさん残ってるのに下げてもらうのホント辛かった。でもそうしないと次に進まないし。やっとデザートになって、ほうほうのていでお会計して帰る。

 

この後お腹こわれて大変だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム縦断旅行 

 

11/3

夕方16:35発のベトナム航空 羽田発 一時間近くDelayで出発。

隣女性でよかったけどギリギリまで電話してる。

映画1.5本くらい見たな。何だったか忘れたw

やっぱ6時間のフライトは長い。なんとか耐えられたけど。通路側席だったからトイレ一回行った。

着いたのは夜21:30(予定では20:30)

ここだけは不安だったのでホテルにピックアップを念を押してお願いしておいた。

ここのホテルは口コミも良く、メールの返信からして信頼おける感じだった。

ドライバーさんちゃんと待っていてくれて「待ちましたよね~?」と言ったら「待ったよ~」的な感じだった。(ドライバーで英語話せる人は少ないので身振り手振り交えて。)お金をとりあえず5000円分両替。

ホテルに着いてチェックイン。部屋に案内された。狭いけどきれい。汚す前に写真写真!

 

シャワー浴びてすぐ寝た。

 

なぜ東京に住んでいるのかをあーでもないこーでもないと考えてみる。

実家は千葉県。専門学校、社会人とほぼそこから都内に1時間半かけて通った半生。神保町が職場なので3年前に文京区に中古マンションを購入。今は快適30分通勤の日々。そんな生活にも慣れ、定年も近くなり海外移住含め田舎暮らしなんかも夢想する日々。TV番組のボンビーガールでもアジアの国で日本語だけで職について給料は15万位、でもセレブのような暮らしをしている人たちをみてどっちが幸せなんだろうと考える。

 

結論

セレブのような暮らしで月5万以下しか貯金できない < 都心で贅沢しないで働き暮らしそこそこ貯金して将来的に選択肢をたくさん持つ

 

早死にしちゃったら元も子もないので元気に長生きが前提

 

 

京浜急行みさきまぐろきっぷ おばちゃん4人旅 2017.7.30

www.keikyu.co.jp

7/30(日)

 

9:30京急品川駅切符売り場待ち合わせ

まずは三浦海岸駅へ。

着いたのが10:40頃で11時オープンの回転ずし屋に行くにはちょっと早かったのだけど店に着くとすでにオープンしていてお客さんもチラホラ。

今日の内容を確認後ビールがくる。ソフトドリンクはセルフ。

脂乗ってておいしかった。

小一時間居て、出るころには待っている人がたくさんいた。

その後三崎口に移動。駅でたとこのバス停をみると10人ほどの列。そこに並ぶ。

バスでまずは油壷マリンパークへ。

けっこう走ったな。

13:30のショーまで館内のお魚見る。そんなに混んでない。

時間になりショーの会場へ。スタジアムで一応屋内なのでエアコンも多少効いている。

イルカとアシカのショー。ももたろうをベースとしたストーリーになっていて
(無理やり感ありw)、ツッコミどころ満載でおもしろかった。

前から2列目に座れて席は良かった。水かかるかと思ってたけど大丈夫だった。

イルカのショーはどこの水族館でも押さえたい。大好き。

アシカもオルガン弾いたのは初めて見た!すごい!

そうそうここの水族館はペット同伴可なので犬連れの人も多かったな。

暑いので外の展示はほとんど見ず、バスに乗り城ケ島へ移動。

良さげな方に歩いているとレストランあったので打ち合わせのため入る。

メロンアイス食べた。しばらくまったりして外に出て、ビーサンで海に入れるところ探す。砂浜ではなく磯なので歩くのが難しい。良さげなポイントを見つけ水に入る。冷たくて気持ちよかった。

その後食堂で足を洗わせてもらって軽食タイム。サザエのつぼ焼き、しらす、たこを食べた。おいしかった。大きな猫いて抱かせてもらった。おとなしい。

三浦漁港に移動しお土産センターで物色。2階は野菜。玉ねぎ一袋だけ買った。100円。1階は海産物。でももう終わりのようで閉店準備してる。レジャー券でとろまんと交換してもらった。そうそう船も乗りたかったけど船酔いを心配して乗らないという友人いたのと下調べ不足で最終便にも間に合わず今回は乗れなかった。乗っていたら40分のクルージング。カモメにかっぱえびせんあげたかったな。

またまたバス停で並び三崎口へ。バスはなにげに全部座れた。日曜なのに。空いてるってわけでもないけど。。この日は天気がやや不安定という予報だったからかな。

帰りの電車は行きと違って対面シートに座れた。途中の駅からぞくぞくと混んできたよ。

日帰りでも思いっきり楽しめて良いショートトリップだった。

次回は砂浜のビーチに行きたいな。三浦海岸も寿司やからビーチまで近かったみたい。油壷の方にもビーチあるみたいだし。