台湾人Looks以外は完璧男との初デート

会ってきましたよ。語学交換アプリHello Talkで知り合った台湾人と。

向こうは出張で日本に来ていて品川のホテルをとっていたので時間に余裕があった私が行った。お目当てのレストランがまだ開いていなかったのでまずカフェにいった。

席につくやいなや、あらかじめLINEで予告のあった台湾のお茶のプレゼントをくれた。そして高級感あふれるケースに入った湯吞も。自分の茶器のコレクションの話してた時に一個1万円くらいするといっていて、なんと私にくれるのが17000円という!「そんなのもらえない!」と言ったけど持って帰らせるわけにもいかないからもらったw

っていうか日本人だったら値段言わないよね。文化の違いか。

私も日本茶と抹茶のお菓子をあげた。

最初ちょっと緊張したし、Lookはやはり下の上だったけど、すっごくしゃべってくれるし、話の内容がおもしろいから不安感はすぐふっとんだ。さすが敏腕営業マン。

自分のことで私が聞きたい内容、たとえば会社の部下が全員年上とか、女性アシスタントに出張のお土産を毎回買っていくとか。

でそれがちゃんと自己アピールになっていて、かつ嫌味でないのがすごい。かなりワーカホリックっぽい。アメリカとも仕事しているから夜中に携帯が鳴れば問題を解決してあげるんだって。ライバル社は朝になってから返事するから自分が仕事をとれたんだと。

朝は8:30からだけど、8時に行くとか、休日誰もいないオフィスで仕事してたりもある。

どうやら実家も裕福で働かなくても大丈夫っぽいのにレスポンシビリティーのためにはたらいているそうな。

今両親と同居しているところのほかにアパートが二軒あるとか言っていた気が。それは住むための部屋なのか、経営してるのかよくわかんなかったな。聞けばよかった。こういうことはLINEとかだとちょっと聞きにくいよね。

若い時にスタバでバイトしたときもバリバリ働いてたって。

彼がストレートだから私も言いたいこと言おうと思って「HelloTalkのアイコン(この写真はまあまあイケていた)いつ撮った写真なの?」と聞いたら、「3年前です。ごめんなさい。」(彼は必要以上に謝ってくる。謝りすぎもどうかと思うけど、プライド高い絶対謝らない男と比べたら誠実でいいと思う。)と正直に言ってきた。「そのころトライアスロンやってて、毎日泳いで、休日にはジムに行っていたから」と。トライアスロンできるその体力が私にとっては魅力。今は取引先の接待でごちそうばかり食べているし、忙しくて運動する時間もあまりないから太ってしまったんだけど。これからダイエットすると一応言ってくれたから痩せてくれるよう願おう。 

カフェで1時間話してその後ホテル最上階のレストランに移動。ここも私が行きたいところに行きましょうと言ってくれていたのでちょっと高そうだけど、雰囲気がとても良かったのでここにした。彼も過去にこのホテルに泊まったことあったけど、ここは知らなかったと言ってくれたので良かった。

夜景がきれいだ。薄暗い店内でメニューが見えない。普段は眼鏡なんだけど今日はコンタクトレンズにしたからメニューが読めないと言ったら次回から眼鏡でもぜんぜんかまわないと言ってくれる。そしてコンタクトにしてきた努力にたいしてもちゃんときれいだとほめてくれる。

でメニューを見ながら●●食べますか?と確認とりながら決めていってくれた。

彼がモヒート飲むというので私もそれが良かったから同じのにした。

料理が私の前にきて(そこが場所的にあいていたから)取り分けようとしたら、「NO」と静止して、わざわざ立って反対サイドに歩いてきてお皿に取り分けてくれる。ちょっとはずかしいけどやらせてあげた。

お父さんが外食嫌いで、家におばあちゃんもお母さんもいない時は彼が料理をしていたから料理はそうとうできるんだそうな。料理の取り分けもきれいに盛れていた。

子供産む以外のことは全部できるって。

あとマッサージも得意っていってたからそれはうれしかった。腕が上がらない取引先の人のマッサージやってあげて治ったんだって。

話の随所に次につなげるようなことを挟んでくるのもさすがとおもった。たとえば大阪のあべのハルカスに行こうとか。これも今までの会話の中で私が高いところが好きというのを覚えていて提案してくる。台北101に行こうとか。向こうも自分が本当に行きたいところも要所要所に挟んでくる。野球見に行きたい。相撲見に行きたい。と。私の要望に応えたい心をくすぐる。

 

直会う前まではややうっとおしかったとこもあり、とりあえずごはんおごってもらってプレゼントもらうまでつないでおこう。ってな感じだったけど、ほんとルックス以外はカンペキだった。

「将来社長になるんじゃない?」と言わしめるほど仕事できるし、でもストレス多いから転職も考えてるって言ってた。日本の会社は給料安すぎだから、アメリカの会社を考えているらしい。そうそう年収は700万位っていってたな。

 

それにしても私は英語話せなかったな。トホホ。

 

別れた後、すぐライン来るかと思ったら意外と来なかったのでこちらからありがとうLINE。ほどなく返事来た。まあ会ってガッカリされて終了も想定内だったけど、とりあえず楽しかったからそうじゃなくて良かった。

 

 

 

台湾男

一昨日頼みもしないのに写真を送ってきた。

無しと我慢できるのギリギリラインだ。アイコンとぜんぜんちゃうやないかい!

でもまあ仕方ないね。しいていうなら優しそう。とにかく会ってみないとね。体型とかもわからないしね。

 

 

初対面まで一週間

凄く丁寧に質問していいですかと言ってきたのでやっとプライベートなことを聞いてくるのかと思ったら、LINEやってますかときた。

おいおいそんなことかい。おばさんドキドキしたぜ。

すぐさまLINE開始。

その少し前に戻ると、写真欲しいとか言ってきやがった。お前もかと思いつつ盛れてるやつ厳選して送ったら喜んどった。

先方ちょっと盛り上がりすぎてるので、落ち着けといったら、hahaぜんぜん落ち着いてますよ的な返事。いやいやぜんぜん落ち着いてないからーー!

ちょっと引き気味な私。

すると今日は忙しいですかと。M-1見てたと返事。放置しても怒ったりしないとこがいいよね。

台湾男

自分の書いた文章は本当にひどいと思うけど、衝動があるから書く。

 

台湾人男性との結婚はどんなもんやろーと思いググったらどうやら親に頭が上がらないらしい。結論として同居だけは避けろと書いてあった。一回り以上下だから親だって60代でまだバリバリだろうし、怖い怖い。

 

今日また一つ新たになったのは太ってるかもしれないということ。

デブはだめなんだよな~。来月のその会う日までにダイエットしてるみたいで、毎日ジム行って、昼は焼き芋だけとか言ってるけど焼き芋糖質の塊やん!営業で接待でごちそうしょっちゅう食べてるから太ってしまったそうな。

正しいダイエット知らなそうだからググれと言おうかな。

 

でも性格は本当にやさしいんだよね。

やわからい毛布に包まれているような感じ。

このブログを消すことになりませんように。台湾人男性との出会い。

Hello Talkっていう語学交換アプリがあってお互い勉強したい言語を添削しあったりするんだけど、そこには出会い目的の人もいて、こんな中年の私にも時々話しかけてきてくれる人がいるわけですよ。

今まで2~3人の人と毎日会話する関係があったんだけど、いろいろあって縁が切れて、今は台湾の人と良い感じになっているのでどうしてもそのことを書いておきたいのです。

何か私の食べ物か何かの投稿にコメントしてくれてその後個人的に話しかけてくれたんだけど、アイコンが残念ながらありえない範疇の人だった。先方は日本語勉強したいからいいだろうけど、こちらは先方が英語ネイティブじゃないからあまりメリット無いわけ。でメッセージにものらりくらりと返事していたら割とすぐアイコンが変わってまあまあ大丈夫な感じの見た目になってて、別に女性みたいに盛ってるわけじゃないんだけど、角度とかで全然印象が変わったんだよね。

で過去の投稿全部読んだらビジネスクラスに乗ってたり、いいホテル泊まってたり、高級料理食べてたりとリッチな感じ!

このアプリ若い人がほとんどでこの台湾人は40歳。ちなみに私は一回り以上上ですww

その後急に態度を変えるのもなんなので少しづつメールの返信を早めたり、まめにしたりしてた。向こうも好意を持ってくれているようで私の過去の投稿に全部いいねしてくれたりずっと感じがいい。

台湾人男性についてググってみたらやさしいとかマメとかかなり良さげ。

チャットの内容も必要以上にグイグイこないし心地よい。

話してたらやっぱ好きになっちゃった。

でもさー、百聞は一見にしかずでとにかく会ってみないとわからないからね~。向こうが幻滅するかもしれないし、私がするかもしれないし。

その辺は慎重にいく。

仕事は化学メーカーの営業部長で会社全体だと思うけど月の売上何億とか言ってた。給料はいいけど仕事はストレス多くて辛いらしい。日本にもしょっちゅう来ているらしい。

あっちはプライベートなこと何にも聞いてこないから友だちとしか思ってないかもしれないけど、私は少しずつ質問してるんだ。昨日は兄弟いるか聞いた。一人っ子。でその流れで両親と住んでるの?と聞いたらそうだと。これはちょっとマイナス。だって子ども欲しかったらもうアウトだし。40で一人っ子で親と同居ってね~。さみしくないと思うんだよね。さみしいとよりパートナー欲しくなるじゃん。

私は自分にそんなに自信ないし国内ではまったく出会いないし、たぶん会ったら緊張してうまく話せないかもしれないけど、堂々としていようと今は思うんだ。

 

 

ベトナム縦断旅行 二日目 2017.11.4

まずは朝食をとりに一階のレストランへ。こじんまりしている。皿を取ってバイキング形式の食べ物を取る。まあよくある内容の。

席でそれを食べていたらメニュー持ってウエイトレスの女性が来て何にするか聞いてきた。フォーやらオムレツや作ってくれるらしい。皿にたっぷりとってきてしまっていた私は「え~っ!今かよー!」と思ったけどまあ仕方ない。というかそのベトナム人ウエイトレスは英語もやっとって感じの一生懸命やってるけど仕事はそんなにできないかな~って感じの若い女性だったから・・

でオムレツ注文。これもごく普通。っていうかここの食べ物は本当に味が薄かった。これがベトナムのスタンダードかとその時点では思っていたけど、後々いろいろ食べていくうちにここのは薄かったなぁと思う。

でもまあ種類もそこそこあるしホテルの値段からしたら充分です。

始めは私一人だったけど後から一人来たかな。

 

で部屋戻ってガイドブックとかネットで調べたハノイの街の散歩することに。

ドンスアン市場からホアンキエム湖へ行く。本当はタクシーに乗るような距離だったんだけど歩いて行った。ホテルを出て少しの間右も左もわからなくてしばらくグーグルマップやらホテルでもらった地図やら見てホテルの側を10分くらいウロウロしていた。何となく方角とかわかってきて出発。今日は天気も良い。ハノイは暑くない。最高でも28℃くらい。

ものすごいバイクの量。小説で読んだりしていたものの、実際に体感するとすごい。排気ガスくさいし。ハノイの道は後のホーチミンに比べると細くて、まだどうにか渡れた。

例の傘を被って天秤棒で何かを運んでいるいかにもベトナムなおばさんやバイクが通りまくりの交通量の多い道傍そこここでプラスチックの椅子とテーブルで朝食を取っている人たちを見るとベトナムにいることを実感する。

初日なので特に買い物する気もなく写真数枚だけ撮って市場は通り抜ける。

その後ホアンキエム湖へ。上野の不忍の池に似てるかな・・

行ってみたらなんでここが人気なのかわかった。ほぼすべての道がバイクだらけで空気が悪い中、ここだけは歩行者しかいないからだ。ほっとする。逃げ場って感じ。

この旅のために買った自撮り棒で写真を撮ってみる。

と、女性が英語で話しかけてきた。私はとっさに物売りかなにかと思いわからないふりをして答えなかったんだけど、なんだか普通に観光に来ていた人みたいで私の態度に気分を害してしまったみたい。悪かったな~。まあ始めだからしょうがないか。。

ブライダル写真を撮っている人がいる。この旅でよく目にした。アオザイを着ている女性のグループも何かの写真をずっと撮っていた。土曜だからかいろんな年代の人がいる。歩行者天国的な感じで通行止めにしているところで子供たちがおもちゃの車に乗っているのを見てなんだか涙出そうになっちゃった。若い親子とか見て。とにかく日本みたいに老人ばかりじゃなくて、みんな若い。子どもみたいな若いお父さんが小さな子連れててヒョエーっと思ったよ。いいよね、安心して子供を産み育てられるって。それって自然のことで、日本だって少し前までは当たり前のことだったんじゃなかったっけ?

 

天気も良く暑かったからアイス食べたいと思っていたら、そこそこ賑わってるお店あってアイスを買ってみた。席が空いていたので座って食べてみてビックリ!!今まで食べた中で最高じゃないかと思わせるくらいおいしかった!!

 

そして来た時とは別の道を通って帰る。途中なんとか大聖堂で写真を撮る。中学生くらいの遠足の子たちが制服でワサワサいた。

 

ここまでくればあとはホテルまでまっすぐ行くだけ。

歩道には人がいたりバイクが止まっていたりもするし、車道は車とバイクが走ってて、まったく歩きにくいぜ。

 

一旦ホテルに戻って、遅いランチへ。ホテルの側に割と有名なブンチャーのお店があったので行ってみた。(ほぼ)地元の人で狭い店内はめっちゃ混んでいる。

3階に案内され注文したがなかなか出てこない。座った低いテーブルの対面は店員だった。お金のやり取りをする係りみたい。若い女性。

そうこうするうち白い米麺と野菜がたんまりのった皿とスープと肉がはこばれてきた。隣の人を横目で見つつ真似してたべる。野菜はミントとかパクチーとかバサバサしてて香りがある系。肉もスープもおいしかった。量が多すぎて全部は食べられなかったけど60,000ドン 約300円、安かったな。

食べ終わって部屋に戻って歯磨きしてまだ時間があるからSPAに行くことにした。

散歩の帰りにチラシをもらってきたところに行こうかと思っていたが、ホテルのフロントの人(男性)にホテルに置いてあったチラシのとこの方が安くていいと言われ、比べたら確かに安そうだったからそっちに行くことにした。予約の電話をいれてくれてすぐできるとのことで早速向かうことに。道を聞いたら女性従業員が「案内しようか?」と言ってくれたのでそうしてもらうことにした。実際はすごく近かったけど、この女性従業員感じ良かったな~。

この旅では一日置きにマッサージ受けてたけど、感想をメモったりしなかったから記憶がもうあいまいなんだけど、ここのは割とやさしめだった気がする。一時間くらいかな?90分だったかな?

580000ドン クレジットで払ったら、円では3000円引き落とされたから結構高かったよな。

その後ホテルの側の旅行代理やクリーニング受付ややってる店で両替。

 

あまりお腹すいていなかったけど暗くなってきたし夕飯食べようと店探し。

見た目素敵な一軒家レストラン発見。たしかその場で口コミも見て良かった。ベトナミーズフレンチ。

時間が早いからか空いている。入口近くの席に座りゆっくり選んで注文。量そんなに多くないとウエイターが言うのでコースとカクテル注文。

なんどもいうがお腹はあまり空いていない。

お酒はミルクベースのお腹にたまる系のやつだった。

 

距離は離れているが隣のテーブルには日本人サラリーマンが4人で来てしゃべってた。駐在のようだ。

他のテーブルも時間が経つにつれどんどん埋まる。

あまり一人をさみしいと思うことはないんだけど、この時はさすがに辛かった。

 

そのうち時間をかけて一品づつ出てくるのだがペース配分も間違えぜんぜん食べられなかった。申し訳ない~。終わりかと思えばまだまだ出てくるし。(泣)

たくさん残ってるのに下げてもらうのホント辛かった。でもそうしないと次に進まないし。やっとデザートになって、ほうほうのていでお会計して帰る。

 

この後お腹こわれて大変だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム縦断旅行 

 

11/3

夕方16:35発のベトナム航空 羽田発 一時間近くDelayで出発。

隣女性でよかったけどギリギリまで電話してる。

映画1.5本くらい見たな。何だったか忘れたw

やっぱ6時間のフライトは長い。なんとか耐えられたけど。通路側席だったからトイレ一回行った。

着いたのは夜21:30(予定では20:30)

ここだけは不安だったのでホテルにピックアップを念を押してお願いしておいた。

ここのホテルは口コミも良く、メールの返信からして信頼おける感じだった。

ドライバーさんちゃんと待っていてくれて「待ちましたよね~?」と言ったら「待ったよ~」的な感じだった。(ドライバーで英語話せる人は少ないので身振り手振り交えて。)お金をとりあえず5000円分両替。

ホテルに着いてチェックイン。部屋に案内された。狭いけどきれい。汚す前に写真写真!

 

シャワー浴びてすぐ寝た。