読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール旅行 2016.5/4-5/8

一日目

JAL 00:05発便に乗るため羽田へ 変換機はS氏が持っていたので空港でプラグのみ購入 チェックインし時間に余裕あったのでお店を見て回る。後で入ろうと思った伊藤園和スイーツのお店が22時を過ぎたため閉まっていた↘でJALのラウンジへ S氏は旅慣れているためよく使っているようだが、私はいつも貧乏旅行のため初体験 アロマのいい匂いがした。ビールをのみ食事をいただきながらすかさず充電。

機内夜食はかぼちゃの饅頭とクラッカー 

今回フライトが7時間ほどなので事前にネットで足を乗せるホルダーを買って使ってみた。これは良かった。

 

 

S氏はほぼずっと寝ていて、私は少しだけ眠れた。

明け方にもがっつり朝食でた。

06:15チャンギ空港に着いてまずは両替。日本の両替と比べるとぜんぜんレートがいい。1人3万円ずつ両替。

チャンギ空港きれいでわかりやすくてすばらしい。

タクシー乗り場もすぐわかって、ホテルに向かう。

部屋は20階。まあまあの広さ。広さはスーツケースが広げられればいいといっていたので文句はない。景色はそんなによくもなかったが、窓があることが条件だったので(台湾でホテル探した時、窓無しというのがたくさんあったので)リクエストして相方がとってくれた。)

今回苦手な部分の スマホの通信 S氏がいろいろ教えてくれたので助かった。まず何もないときはとりあえず機内モードに ちょっと使いたいときはデータローミグオフにしておくと通信して後から多額の請求がくることはないそう

私もシンガポールWifiについてあらかじめ調べて使えるようにしておいたけど結局それ使ったかどうかは忘れた。

Wifiが飛んでるとこでは調べものしたりFB読んだり書いたりいろいろしたな。

ホテルについて荷物を預け、まずマーライオン公園へ。迷いつつ30分くらい歩いたかな、朝早いのに暑い暑い。マーライオン見てすぐスタバへ。物価は円高もあり日本と同じくらい。タクシーは半分くらい。

その後マリーナベイサンズへ 見えているもののぐるっと回るのでやはり30分くらい歩く。着いて展望台に上がる。いろんな国の観光客が写真を撮っている。観光というとやはり高いとこに上りたくなるよね。

サンズの地下に大きなフードコートがありそこで早めの昼食。

S氏は視覚障害あるのでどんな店があり、どんなメニューあるか一通り読むのが私のお仕事。私は食が大好きだから興奮しちゃって冷静に事務的に読めなかったりねw。でシンガポールということでチキンライスに。

まったりした後、MRTにてホテルに。きっぷの買い方あまり調べてなかったけど、案内の人がいて買ってくれた。カードで6回使える。

MRTもまあまあわかりやすい。エスカレータが速くてなれるまでちょっと怖い。

その後、まだ明るいうちにクラークキーへ。リバークルーズが目的。迷いながら30分は歩いたな。チケット売り場もなかなかわからなかった。チケット買えるのが1時間以上後なので、夕食。目的のメキシコ料理、ガイドブックに載っていたカフェイグアナを探すがまったく見つからない。右往左往とはこのこと。相方もそうとう嫌になってる感じ(言葉には出さないけど)で、私もどうでもよくなり、そのへんで適当に入ろうかとみていると、チリクラブの店発見。ただ値段聞くと大きさにもよるが5000円は下らない感じ。ビビッてやめる。そうこうしていると川の対岸にカフェイグアナ発見!まだお客さんもチラホラでテラス席に座れる。なんだか店員がなかなか来てくれない店だったな。ビールとタコスとかオーダーして腹を満たす。量が多かった。

店を後にしてリバークルーズのチケット買い時間まで川沿いのベンチに座ってボンヤリ。その後日も暮れてきて人がどんどんあふれてくる。列が出来始め私らも並ぶ。この時はそうとう待たされた。やっと船にのれスタート。マーライオンやらフラートンホテル、虹色にライトアップされた橋、きれい☆サンズの前で停泊してショーの開始。ずっと横を向いていたので首が疲れたw

ホテルに戻り、シャワー浴びてバスタブにもお湯をはり疲れを癒した。シャワーブースとバスタブが端にあり真ん中部分に洗面台とトイレがあるというちょっと変わったつくり。バスタブはベットルームから丸見えなのでブラインド下ろす。

飛行機であまり寝れなかった割に体調よくがんばれたから良かった。行く前は機内泊だから午後は廃人かもと思っていたから・・