読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール旅行 2日目

この日だけホテルの朝食をつけた。ペニンシュラエクセルシオールホテル他の人のブログで読んだより良い内容の朝食だった。バイキングって大好き!ちょっとずついろんなもの食べられるとこ!ここもまず一通り彼に説明してそれから希望を聞いてお皿もって取りに行く。

ホテル自体も混んでいるからまあまあ人気なんだろう。一応四つ星だし。(香港のペニンシュラとは関係ないらしい)シティホールという駅の近くでいろんなところにアクセスが良い。

日本人とはほとんど会わず、欧米の白人や中国人(?)がとなりに座っていたな。

 

S氏が昼から透析なので、その近くのアラブ人街に行く。隣のブギス駅までMRTで。まずラッフルズホスピタルの場所を確認。駅に近い大きな病院。

そしてアラブ人街へ。地図をたよりにわりとすぐ見つけられた、大きくて派手なモスク。写真をとるも日なたは熱い熱い。猫に出会って触らせてくれてうれしかった。その後カフェへ。しばらくまったりして出発。

プラプラと商店街へ。時間が早いためかあまり人はいない。この辺りは昔日本人の娼館街だったそうで、そういわれると建物がそれっぽく見えてくる。イスラム教徒の洋服の生地屋さんや絨毯屋等が並ぶ中クッションカバーが売っていたので一つ買った。すかさずパシュミナも薦められちょっと心が動いたけどそれはやめた。

時間があったのでショッピングモールのほうへ移動。こちらはとてもにぎわっている。

S氏は透析中食事できるかわからないので食事どころを探し、私はおなかすかないので彼だけ食事。この後時間迫るも病院へのきた道がよくわからず少し焦る。結果無事もどれたんだけど、何せS氏見えないから(方向感覚はあるから助言はしてくれるものの)

ほぼ私にかかってるわけで・・

病院まで送り、トイレを借り、4:30までの自由行動スタート!

計画していたカトンにMRTで向かう。駅を降りて小腹減ってきたので入れる店探し、地元の人で賑わっているいい感じのホーカーズ見つけるもなぜか決め切れず、キレイ目のショッピングセンターの中で魚のすり身のボールの入ったスープを食す。朝たくさん食べたのと暑いので食欲が今一つでした。でもおいしかった。

カトン、歩いていけるのかと思っていたのになんか看板も出てこないしぜんぜんわからなくて、ガイドブックよく読んだら、タクシーでしか行けないと書いてある!1時間はロスしたな!私の甘いとこ「あまーーーい!」

そんでもってタクシー拾うのがまた一苦労。大変だったー!ようやく拾って10分くらい走って目的地へ。帰りタクシー拾えるのか一抹の不安を覚えつつも。ガイドブックで見た美しいプラナカン住宅を目の前にし満足。写真をバシバシ撮る。それにしても観光客ほどんどいないなぁ。そしてこんなに苦労してきた割に規模が小さかった。で喉乾いてスーパーでペットボトルのお茶を買う。そこからまだ時間もあったので博物館的なとこを目指しかなり歩くも結局見つからず↘まあそんなこともあるよね。で流しのタクシーがんばって拾い駅へ戻る。昨日スコールにあってまたくるんじゃないか的雲ゆきでビビるも大丈夫だった。駅前のあたりは工事してたな。時間になり、MRTで戻る。

4:30に戻るかと思っていた彼は結局6時ごろ戻ってきた。ちょっと心配だったけどここは我慢できた。聞いたらMRTで戻ってきたとのこと。券売機お札入るかも行きの時点ではわかってなかったのにね。

夕食は昨日クラークキーへ行く道で通った、ホテルのすぐ近くの現地の人で賑わっていたホーカーズ(決してきれいとか華やかではない)に行く。ここが大当たり!種類もいろいろあるし安いしで相方もかなり気に入っていた様子。安かったのでデザートにフルーツ買ってみた。マンゴーやパパイヤは無いか聞いてみたが、たぶん季節には早かったのかなくて、いくつかあったメロンのなかから良さげなのを選んで買う。

その後、翌日の朝ごはんを物色しにスーパー、7-11へ。日本語で書いてあるパンなどもあったよ。朝ごはん食べたいモールもあったけど、オープン11時からといわれがっかり。スーパーでおみやげになりそうなえびせんを買う。(ここでもう少し買っておけばよかった。)相方はチョコを買おうとするんだけど、溶けないか心配だよね。

ホテルに戻り、最上階のバーを偵察。(他の人のブログでいいと書いてあった。)ドレスコード有と入口にかいてある。まだ時間も早いのでどうしようという話をすると相方が「明日は朝から晩まできっと忙しくて余裕ないだろうから、バー行くなら今日だね。」と提案してくれて行くことに。景色もいいし、お客さんは隣の団体のみでほとんどいない。シンガポールスリング一杯を時間をかけていただく。おいしかった♡