読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール四日目(最終日)

夜中のフライトまでの長い一日始まる。

前の晩話し込んじゃって、個人的に悲しいこともあってほとんど眠れなかった。

 

まずはシンガポール動物園のオランウータンとの食事へGO!これはシンガポールに来てからスマホで予約した。9時に間に合うよう8時に出て、タクシーで向かう。それまでの風景が一変森っていうかジャングルっていうか緑に。途中運転手さんが「Monky!」という方を見たら野生の猿いた!

オープン前だけど、動物園にはチラホラお客さん。少し待ってチケットを買いレストラン目指す。途中黒いサルのみ見た。レストランに到着し席に案内される。緑の中の雰囲気の良いレストラン。少し待ってバイキングをとって食事開始。しばらくするとオラウータン5頭くらいやってきて飼育員さんから餌もらっている。英語のアナウンスがずっと流れているがよくわからない。名前を言ってるな。お客さん列を作ってオラウータンと記念撮影。私も写真たくさん撮る。相方は楽しんでいるかな。相方のiphoneでも写真を撮る。FB用ね。

で、チェックアウト12時に間に合うよう園内ぐるっとまわる。柵のない動物園ということらしいが、溝がほってあったりして逃げられないようになってる。トラムも来たから乗ってみた。大きな湖みたいなのあって、地図見たら海なんだね。いくつか動物見て帰路に着く。ぞうが見れなかったのは少し残念だったかな。緑のなかに作った動物園というところはよかったけど、動物見た感はあまりなかったな。

 

ホテルに戻り荷物整理して預け、オーチャードへ。高級ショッピング街。途中デパ地下みたいなとこのおしゃれカフェでレモネード。出てくるまでやたら時間かかってたな。おいしかったけど。

その後プラナカン住宅あるとこまで行って写真撮る。ここはカトンとはまた違った雰囲気で素敵だったな。戻る道相方暑さで死にそうになってたw

アイオンタワーに上りたかったが3時からだったので断念。ご飯食べるところも高かったり混んでいたりで見つけられず,ガーデンバイザベイ方面に移動。

 

初日にいったサンズの地下のフードコートに行ってやっとの遅いお昼。混んでる。牛肉焼きそば 牛肉ご飯それぞれ食べる。量が少なかったのでぎょうざも追加、おいしかった。

ガーデンバイザベイ行き方わからず聞く。なんだか裏の方からエレベーターで行くんだ。これはわからないね。

ガラスのドームの植物園に入るのはチケットがいるようで買う。もうこのころから二言目には「お金残してもしょうがないから使おう」が出てくる。

ドーム植物園は冷え冷え。とても混んでいる。女性のグループが合唱している声が聞こえる。色とりどりのお花たち。そして写真撮影渋滞ww。

一通りみて退場。その後まわりをぶらぶらするも暑すぎすぐ二つ目の植物園へ。こっちはエレベーターで昇ってから歩いて降りてくるタイプの植物園。滝があったり霧のミストなんかもある。

だいたい見てしまったのでショーのあるOCBC SKYWEYに移動。移動販売車でドリンク購入。ベンチにて休憩。あの高いところの歩道?に行きたいとのことでチケット売り場に行くも相当待つらしい。迷ったが、相方の決断で行くことに決まる。列にならびにただただ待つ。途中中国人らしき親子が前に割り込んできた。少しだけ空いていたからかも。私の怒りピーク!かといってなにか言えるわけではないのでずっと『ぜってー許さない!』の怒りオーラでガン見しつづけた。

そうこうしてるうちに暗くなってショーが始まった。ちょうとエレベーターの下あたりというBad Timing

順番来て上の歩道にあがってショーを楽しむ。あとがつかえているので「止まらないで、進んで進んで」とせかされる。

終わってサンズの方に戻るんだけど、エレベーター渋滞、待たされたー。

そしてMRTのチケット売り場も行列。

ホテルに戻り荷物をひきとって、MRTで空港へ 近くて安くて早かった。

シャワーを浴びたり、食事したりしたいので早めに来たんだけど、チェックインの時間よりすこし早く着いたので、アーリーチェックインカウンターへ移動。(こんなのあるんだな)

しかし他に一組しかいないのにまったく呼ばれない、というか無視されてる。そのお客さんの奥さんが声かけてくれて「この機械でチケットをとるんです」と教えてくれた。がやってみるとなにかダメっぽい。どうやらJALのチェックインの時間になったのでここは使えないようだ。

またスーツケースを引きずって移動。もう相方はそうとう不機嫌。私のせいじゃないっツーの!

でやっとチェックイン済ませ、ラウンジへ。シャワールーム複数あってすぐ使えた。

「遅くなるかも」と言わなかったから待たせたことをちょっと怒ってる風だったけど、「急いだ、髪だって生乾きだし」と用意してたセリフで応酬。

でやっとごはん。最低限必要な会話のみで食事用意し食べる。行き返る~、ラウンジサイコー!

そして残りの時間充電したりだらだらすごす。

帰りの飛行機は寝れた。