読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島⑧

この日は相方がまたまた午前透析で7:30のピックアップなので7時にレストランに行く。やはりお客さんは誰もいない。準備中感はあるものの朝食はいただけるようで席に着き、昨日と同じメニューを頼む。ここでも食事が来るまで待ったな~。その間レストラン内の神様が祭られてるとこに行って拝んだり写真を撮ったり。で食事をして相方は透析へ。それにしても朝はなんて美しく気持ちのいいことよ!

プールの周り掃除している人たちが。ここはクタのホテルほど挨拶してこないな。文句じゃない、クタのホテルの教育が良かったことを感じただけ。

旅も終盤だし、ルピアも使わなきゃで買い物に行くことに。ハーディーズというスーパーが歩いて行けるところにあるので行ってみることに。陽射しが強い。ホテルのフロント従業員はすぐ的なことを言っていたけど、結構距離ある。タンジュンサリから5分くらい先だったかな。途中スタバなんかもある。道にヒンズー教のお花のお供えをしていた人もいた。

着いた。何も考えずに行ったけど、9時過ぎに着いた時には営業していて助かった。

大きい。まず入ったところに衣料品があってお目当てのTシャツなんかもある。

奥が食料品。お土産用に軽いスナック菓子を物色。裏をみてmade in indonesiaなのを確かめたいんだけど、なんか字が小さくてどこ産なのかことごとくわからない。やっとインドネシア産見つけていくつか手に持つ。やっぱりお土産はスーパーに限るやね~。

その後紅茶とロゼラティーという花のお茶をゲット。コーヒー豆も見つけてまあまあ安かったのでそこにいた女性店員さんに挽き方聞こうとしたら、豆のことから丁寧に接客してくれて挽いてくれた。そうそう店員いっぱいいたけどあんまり接客しようという感じはなくてたまってなんか楽しそうにおしゃべりしたりしてた。日本だったらキーってなるところだけど、南国だからべつに何とも思わない。コーヒーの店員さんのようにいい人は際立ってみえるだけ。

後、カレー粉も買った。

ココナッツオイルも欲しかったけど、口が小さくて割と高めだったからやめた。向こうは固体にならないから口が小さいんだね。でも日本はこれから冬だしな。

その後楽しいので売り場を一周して会計。

衣料品売り場でジム用のTシャツ選ぶ。BALIと書いてあるけどじっくり見ないとわからないようなデザインでなかなかカッコいいのがあったのでそれと、なくしてしまった水着の上の代わりになるようなやつもあったので買う。

2階もあるので2階へ

観光客のお土産がメイン。アロマ系のものやアタ製品とかいろいろ。

買い物終わって10時。

ホテルでもらった地図にクタで行きたかった漁師という日本料理屋が近くに載っていたので行ってみようと歩くも着かない。場所はまあだいたいわかるしいいかと、行くのはやめて、のどが渇いてきてじゃあビーチ行ってなんか飲もうとビーチへ。なんだかちょっと何か飲む店もなかなかないな。っていうか入りにくいのか?そうこうしてるうち安そうで良さげな店、メニューボード見てたらおばちゃんが声かけてくれたので座る。日陰でサイコー!海見ながらコーヒー飲んでのんびり。

チェックアウトもあるしで荷物まとめてでもまだ時間あるので、ネイルをしてもらうことにする。その後手を使わないよう時間を逆算してもどうにか大丈夫そう。フロントに頼むと15分くらいして連絡来た。なんとプールサイドのベッドに寝そべってやってくれるらしい。誰もいないしもう最高!お姫様気分。色を選んで塗ってもらう。ペディキュアも「すぐ乾く」としきりに押してきて、ちょっと迷ったけどそれは自分でできるし断った。甘皮の処理とかも一応一通りやってくれた。塗ってもらっている間話した。前からちょっと疑問だった「リンゴは国内でとれるの?」と聞いたら「緑のは国産で赤いのは輸入。りんごたかい。にほんはどう?」とかね。「日本人は英語話さない人多いのに話せる」とほめてくれてうれしかった。で最後に親指に花をかいてくれた。自分でもできるようにガン見した(笑)これはうれしかったな。色塗るだけなら自分でもできるしね。日本のサロン(私は行かないけど)と比べたらレベルは低いけど、これも500円くらいだから大満足。

部屋に戻りフロントに電話して荷物を取りに来てもらう。チェックアウト。

相方戻ってきてランチしに漁師へ。流しのタクシー拾って。一番人気の寿司を頼んで食べる。正直そんなでもなかったな。生ものだからちょっと怖かったりもして、相方にガリを食べるようそれとなく言っておいた。結局大丈夫だったけど。お店のウエイトレスにクタの店に行こうとしたら無くなってた話した。外と中があって外は誰もいなかったけど、中は他のお客さんいた。握っていたのは日本人じゃなく現地の人だった。

その後時間がまだあるのでまたまたビーチの方まわって歩いていると、黒い雲が出てきた。かなりヤバい感じ。お土産屋さんも外のもの片づけてる。で急ぎ目でホテルに戻る。

ホテルの入口へのアプローチに子犬がいた。めっちゃかわいい白い子犬。じゃれてさわらせてもくれる。相方もしばし遊ぶ。相方が楽しそうなのはほんとにうれしい。

写真とればよかったな~

ホテルにもどって程なく雨ザーザー降ってきた。帰りまでまだ時間ある。昨日いっぱいで受けられなかったマッサージを受けることに。これも施術者を呼ぶので少し待つらしい。飛行場に行く時間逆算してギリギリだ。

来たのはさっきネイルをしてくれたおばさんだった(笑)

やはりベットがふたつ並んだ部屋で脱げというが外丸見えなんですけど「大丈夫大丈夫」と。大丈夫じゃないでしょ~(笑)客はいないけど従業員が時々通りますけど。

で私は一足先にはじまる。相方のマッサージ師はなかなか来なくてやきもきしたよ。

1時間のマッサージ終わってお金払って、呼んでおいてもらったタクシーに乗って空港へ。このドライバーがクラクション鳴らす人でちょっといやだったな。そんで道が渋滞。フロントの人に時間逆算してもらっていたんだけど、それでもギリギリって感じだったしもう焦る。でも仕方ないよね。どうしようもないんだから。で、相方のイライラもMAX。何度も時計見るし。険悪な雰囲気。ついて料金払うときも一悶着。メーターとめないし。たぶんホテルで待ってる時点でも結構いってたっぽいし。でお金払うと、空港の入場料のこれもとあとから言ってきて、それに対しては小さいお金がなかったので大きいので払ったら「おつりはない」とのたまう。さすがに私もキレて「いやいやさっき細かいのではらったべ!」と言ったら、胸元からザクザクお札出てくるやないの!まったく!このお釣りないサギには腹立つわ~!で荷物持ってズンズン行く。チェックインカウンター行くとなんだか人並んでなくて、聞いたら飛行機遅れてるらしく一安心。トイレ行ったり水買ったり。この後結局イライラする必要なかったくらい待ったな。日が暮れてデンパサールからジャカルタへ。

ジャカルタの空港について今度はボラれないよう自分でタクシー拾って乗ってホテルへ。行きのトランジットと同じホテルなので同じ道だけど、ホテルのそばあたりは怖い雰囲気なんだよね。でホテルついてレストランやってるか聞くとやってなくてルームサービスという。あ、帰りの部屋は最上階で良かった。でメニュー見て頼む。電話越しに「どこからきたの?」と聞かれ「ジャパニーズ」というと「こんにちわ~」とか言ってくる陽気なおにいさんだったな。来た料理もおいしかったしミルクセーキほんとにおいしかった。ただ寝る前なのに部屋に食べ残し置いておくのも嫌なのでがんばって全部食べたら次の日諸々きつかった。

でオイルマッサージでベトベトの全身を洗い流して就寝。明日も激早ー!